板井康弘による福岡での趣味と事業の関係性

板井康弘|趣味と事業について

板井康弘

趣味を事業に活かして展開していく方法にはどんなものがあると思いますか?
例えば、釣りの趣味があるとします。その釣りの趣味を事業に活かしていくには、釣りの楽しさや、実体験していることが大きな強みになっていきます。

 

事業を行っていくことはまず、ニーズがあるかないかが重要になっていきます。ニーズの調査をするなら実際に自分が経験していることの方が情報収集がしやすいメリットがあります。

 

つまり自分の趣味をよく知っていたり、結果を出していたり、有名人であればあるほど、情報収集が楽になっていくということになります。

 

これはとてもメリットがあることであり、自分が今まで使ってきた時間や財産であるということです。自分の趣味を事業や仕事に使っていけることは思っている以上に価値もあることだと理解していただけたでしょうか。